裸心縛 -rashinbaku- 縛り方 水平吊り
裸心縛 -rashinbaku-

縛り方 ( 水平吊り )

吊りをする前に

当サイトで紹介する吊りは比較的楽な吊りを紹介しています。

いくら楽と言っても、そこは自分の体重がかかることから、厳しい責めの一つになりますので、次のことに注意してください。

1.受け手の体調が良好であること。

2.使用する縄や吊床が吊りに十分耐えられる状態のものであること。

3.常に相手に気をくばり、異常をすばやく感知すること。

上記1は、受け手の体調が悪いと、苦しい吊りには耐え難いので、体調が優れないときには吊りは禁物です。

また、受け手が食後すぐとか、飲酒しているなどの場合も吊りは禁物です。

もちろん、縛り手の体調が優れないときには、吊りなどを行ってはなりません。それが、分からないようであれば、縛る資質がありません。

上記2は、普段から手入れしていないと、縄の状態はわかりません。普段のメンテナンスを確実に行ってください。

吊っている状態で、縄が切れた場合、手足を縛られたまま落下し、顔や頭を強打することになりますので、十分注意してください。

また、吊床についても、人間を吊ることを前提に十分な強度が求められます。体重50kgの人でも、上げ下げをしている時には、縄に一瞬ですが数百kgの力がかかる場合があります。

吊りは思いがけない方向に力が働く場合があります。垂直方向だけではなく、水平方向やねじれの力にも耐えられる必要があります。

簡易な吊床を使用していると、事故の元になりますので、そういった吊床(もやは吊床とは言わない)は使用しないようにしてください。

上記3は、縛り手の資質とも言えます。吊りは受け手に相当な負担がかかります。強烈な締め付けにより、痺れが起こりやすくなりますので、受け手には十分気を遣ってください。

水平吊り

うつ伏せの状態で吊ることを水平吊りと呼んでいます。

吊りは身体を吊り上げるのではなく、縄に身体を預けて(体重を預けて)いることです。(初心者は身体を吊り上げようとしがちです)


ココでは、胸縄と腰縄が完了している状態から解説します。

吊り縄をかける順序は、胸→足(両足)→腰の順です。

最初に胸縄に吊り縄をかけます。

胸にかけた上下それぞれ4本の縄をすくい取るように縄をかけます。





吊り縄をUターンして、もう片方もすくい取ります。


縄に余裕をもたせて、吊り縄を結び固定します。


縄尻側をカラビナに引っ掛けて、折り返した縄で、縄頭を取ります。

縄頭を取るので、結び目は軽くで構いません。



縄頭を取ったあと、再びカラビナにもどり、吊り縄を固定します。

この時、吊り縄で身体を(吊り上げるように)引き上げてはいけません。

胸縄とカラビナを往復するだけで、まだ、吊り縄にはテンションはかけません。

次に、足に縄をかけます。

膝の皿には絶対に縄をかけないでください。

(皿に縄がかかる悪い例)

また、痛みが出やすいので、膝から(胴体方向へ)離れすぎるのもよくありません。

(膝から離れすぎた悪い例)

膝から上に(胴体方向に)5~10cmくらいに縄をかけるようにします。

膝を曲げたときに抜けてしまうので、膝から下(すね方向)には縄をかけないでください。

膝にかける縄は余裕をもたせます。膝を曲げたときに、膝部分が膨らむためです。

片足があがることで大幅に体勢がくずれるので、膝を上げる前に、受け手に一声かけ、次にどういう体制になるかわかるようにしてください。

そして、前にかがむようにして、胸縄に体重を預けるように指示します。

身体を吊り上げるのではなく、縄に身体を預ける

その後、胸の吊り縄と同じ要領で、カラビナに縄を引っ掛け、戻ってきた縄で縄頭をとり、再びカラビナに戻って、足を上げます。

上げる高さは、胸と膝が同じ高さになるようにします。

この時、受け手の身体が回転しないように、腕や身体で支えながら行ってください。

もう片方の足も同じように、同じ高さまで上げます。

両足が上がってからは、時間との勝負です。

この後の作業に時間がかかるようなときは、途中でも中断して降ろすようにしてください。


次に大切なことは、肌に当たる縄をなめすことです。

この作業をするのとしないのとでは大きな違いがありますので、注意してください。

最後に腰縄に縄をかけます。

腰の高さは、胸や膝と同じ高さです。

写真では、余った縄で帆掛けのようにしていますが、余裕がないときには必要ありません。



足は伸ばすより、曲げたほうが楽なので、受け手と相談して行ってください。

完成しました。

次は降ろす作業にはいります。

どんな吊りでも、一番気を遣わなければならないのが、この降ろす作業です。

たまに落下事故を耳にしますが、大抵はこの降ろすときに落下させています。

吊り縄を解くときは、両手ではなく、片手で解きます。

もう片方の手は、縄をつかんで落下しないようにします。

縄をつかむ位置は縄頭より上(カラビナ側)です。

(人差し指で指しているところが、縄頭になります)

縄頭より下をつかんでも、縄は固定されずに、解いたとたんに落ちてしまいますので注意してください。

(縄とつかむ位置を間違えた悪い例)

降ろす順番は、上げたのと逆の順番、腰→足(両足)→胸の順です。

縄酔いする女性などは、足を下ろしても、全体重が胸縄にかかっている場合があるので、最後まで気を抜かないようにしてください。

裸心縛
ページのトップへ戻る